コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式会社日本政策投資銀行法 カブシキガイシャニホンセイサクトウシギンコウホウ

デジタル大辞泉の解説

かぶしきがいしゃにほんせいさくとうしぎんこう‐ほう〔かぶシキグワイシヤニホンセイサクトウシギンカウハフ〕【株式会社日本政策投資銀行法】

日本政策投資銀行の株式会社化に伴い、旧日本政策投資銀行法を廃止して制定された法律。平成19年(2007)施行。同行の業務、資金調達方法、国との関係等を規定する。当初は完全民営化の時期も示されていたが、その後の改正で政府の関与の有無も含めて今後の検討課題とされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android