コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式保管振替制度 かぶしきほかんふりかえせいど

2件 の用語解説(株式保管振替制度の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かぶしきほかんふりかえせいど【株式保管振替制度】

株式売買の決済を株券の移動を伴わずに、株式保管振替機構の口座振替で行う制度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

株式保管振替制度【かぶしきほかんふりかえせいど】

株券の譲渡・質受けの場合の株券の受渡しの合理化を図るために,〈株券等の保管及び振替に関する法律〉(1984年)に基づいて設けられ1991年に始動した制度。この制度に参加している銀行・証券会社に顧客から株券が寄託されると,顧客口座簿に銘柄・株数が記載され,株券は保管振替機関に提出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

株式保管振替制度の関連キーワード株券受株株券消費貸借記名株券証券保管振替機構箪笥株投資証券株券失効制度事故株券月替わり商い

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone