コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式保管振替制度(読み)かぶしきほかんふりかえせいど

大辞林 第三版の解説

かぶしきほかんふりかえせいど【株式保管振替制度】

株式売買の決済を株券の移動を伴わずに、株式保管振替機構の口座振替で行う制度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

株式保管振替制度【かぶしきほかんふりかえせいど】

株券の譲渡・質受けの場合の株券の受渡しの合理化を図るために,〈株券等の保管及び振替に関する法律〉(1984年)に基づいて設けられ1991年に始動した制度。この制度に参加している銀行・証券会社に顧客から株券が寄託されると,顧客口座簿に銘柄・株数が記載され,株券は保管振替機関に提出される。同機関には参加者口座簿が置かれ,提出された株券の銘柄・株数・自己分・顧客分の別が記載される。株式の売買は,この口座簿のつけかえで行われる。提出された株券は全て同機関の名義とされるが,各会社に実質株主名簿が備置され,株主権の行使はこれに基づいて行われる。→株式譲渡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる