コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式保管振替制度 かぶしきほかんふりかえせいど

大辞林 第三版の解説

かぶしきほかんふりかえせいど【株式保管振替制度】

株式売買の決済を株券の移動を伴わずに、株式保管振替機構の口座振替で行う制度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

株式保管振替制度【かぶしきほかんふりかえせいど】

株券の譲渡・質受けの場合の株券の受渡しの合理化を図るために,〈株券等の保管及び振替に関する法律〉(1984年)に基づいて設けられ1991年に始動した制度。この制度に参加している銀行・証券会社に顧客から株券が寄託されると,顧客口座簿に銘柄・株数が記載され,株券は保管振替機関に提出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

株式保管振替制度の関連キーワード口座振替株主権決済

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android