コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核カスケード過程 かくカスケードかていnuclear cascade process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核カスケード過程
かくカスケードかてい
nuclear cascade process

高エネルギーの核子π中間子原子核に入射し,核内の核子と次々に衝突して多数の高エネルギーの核子やπ中間子を放出する。これらの二次粒子が他の原子核と衝突して同様の過程を反復し,それに伴って核子と中間子の数は増す。このような増殖過程を核カスケード過程といい,この現象を核カスケードという。一次宇宙線は大気上空で核カスケードによって二次宇宙線をつくり,特にエネルギーの高い場合には空気シャワーを発生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

核カスケード過程の関連キーワード核活性成分シャワー宇宙線

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android