コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次宇宙線 いちじうちゅうせんprimary cosmic ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一次宇宙線
いちじうちゅうせん
primary cosmic ray

宇宙から地球に入射する宇宙線。大気中で増殖して生じる二次宇宙線に対比させた用語。そのエネルギーは 107eV(電子ボルト)から 1021eVに及ぶ。一次宇宙線は銀河宇宙線太陽宇宙線とに分けられる。前者は銀河系でつくられ,銀河系内の空間を伝搬する。後者は太陽のフレアで発生し惑星間空間を伝搬する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いちじうちゅうせん【一次宇宙線】

地球外の宇宙から光に近い速度で大気圏に飛び込んでくる、きわめてエネルギーの高い放射線。主として水素の原子核(陽子)であり、ヘリウムの原子核( α 粒子)や、さらに重い原子核も少量含まれる。 → 二次宇宙線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一次宇宙線
いちじうちゅうせん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一次宇宙線の言及

【宇宙線】より

…宇宙空間を光に近い速度でほぼ等方的に飛びまわっている高エネルギー(108eV程度以上)の放射線,およびそれが地球の大気中で空気を構成している原子核と衝突して発生する放射線の総称。前者を一次宇宙線primary cosmic rays,後者を二次宇宙線secondary cosmic raysと呼ぶ。一次宇宙線の主成分は各種の裸の原子核で,核子当り等しいエネルギーで比較すると,陽子(水素の原子核)が94.5%,ヘリウムの原子核(α粒子)が5%で,残りの0.5%がリチウムより重い原子核(炭素,窒素,酸素,鉄などの原子核が比較的多く,さらに重いものも含まれている)である。…

※「一次宇宙線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一次宇宙線の関連キーワード核カスケード過程固体飛跡検出器空気シャワー元素の存在度電子ボルトCALET核活性成分宇宙空間シャワー原子核軟成分ボーテ硬成分D層