コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次宇宙線 にじうちゅうせんsecondary cosmic ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次宇宙線
にじうちゅうせん
secondary cosmic ray

宇宙から飛来する一次宇宙線が大気中で2次的に生成する宇宙線。陽子や原子核成分が大気中の原子核と衝突の結果,核子,多数のπ中間子,K中間子を発生して核カスケードを発達させ核活性成分を生じる。中性π中間子の崩壊によるγ線,電子対生成による電子と陽電子,μ粒子崩壊による電子およびこれらがつくるカスケードシャワーは電子成分となり,鉛 10cm程度で吸収される軟成分となる。この厚さを透過する硬成分は荷電π中間子から崩壊したμ粒子成分である。さらに,π中間子やμ粒子の崩壊に際して生じたニュートリノ成分がある。二次宇宙線の強度は高度約 15kmに極大をもち,高さとともに減少する。また気圧とともに減少する気圧効果を示す。硬成分の強度は気温とともに減少する気温効果を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にじうちゅうせん【二次宇宙線】

一次宇宙線が大気中の原子核と相互作用して生ずる二次粒子。パイ中間子・ミュー粒子・ニュートリノ・電子・陽電子・光子などから成る。 → 一次宇宙線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二次宇宙線の言及

【宇宙線】より

…宇宙空間を光に近い速度でほぼ等方的に飛びまわっている高エネルギー(108eV程度以上)の放射線,およびそれが地球の大気中で空気を構成している原子核と衝突して発生する放射線の総称。前者を一次宇宙線primary cosmic rays,後者を二次宇宙線secondary cosmic raysと呼ぶ。一次宇宙線の主成分は各種の裸の原子核で,核子当り等しいエネルギーで比較すると,陽子(水素の原子核)が94.5%,ヘリウムの原子核(α粒子)が5%で,残りの0.5%がリチウムより重い原子核(炭素,窒素,酸素,鉄などの原子核が比較的多く,さらに重いものも含まれている)である。…

※「二次宇宙線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二次宇宙線の関連キーワード核カスケード過程炭素14

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android