コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根岸鎮衛 ネギシヤスモリ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸鎮衛 ねぎし-やすもり

1737-1815 江戸時代中期-後期の武士。
元文2年生まれ。幕臣勘定吟味役,佐渡奉行,勘定奉行などを歴任し,寛政10年江戸南町奉行となる。肥前守。著作「耳嚢(みみぶくろ)」は,古老や訪問客からの聞き書きをあつめた随筆である。文化12年11月9日死去。79歳。本姓は安生。通称は銕蔵,九郎左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

根岸鎮衛

没年:文化12.12(1815)
生年:元文2(1737)
江戸中期から後期の幕臣,随筆家。通称は銕蔵,九郎左衛門。肥前守。安生太左衛門定洪の3男。宝暦8(1758)年に根岸衛規の臨終養子となる。以後,天明4(1784)年佐渡奉行,同7年勘定奉行,寛政10(1798)年江戸町奉行と,寛政改革の前後に目ざましい出世を遂げた。町奉行としての評判は高かった(志賀理斎「耳嚢副言」)。随筆『耳嚢』10巻(1814完)は,佐渡奉行在任中に筆を起こし,江戸城中勤仕の暇に書きためた聞書き,雑談集である。宝暦以降の市中風聞,為政者の噂など,幕府のエリート能吏の豊富な話柄は愉快極まりない。近年,10巻の完備本がカリフォルニア大学バークレー校旧三井文庫で発見され,活字化された。<著作>長谷川強校注『耳嚢』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねぎしやすもり【根岸鎮衛】

1737~1815) 江戸中・後期の幕臣。江戸町奉行。明快な裁決で治績をあげる一方、見聞を記した随筆「耳囊みみぶくろ」を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の根岸鎮衛の言及

【耳袋】より

…近世後期の随筆。根岸鎮衛(やすもり)(1737‐1815)著。自序は〈耳囊〉と記す。…

※「根岸鎮衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根岸鎮衛の関連キーワード根岸肥前守安倍川餅鬼谷子いくち裁決治績見聞耳袋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根岸鎮衛の関連情報