九郎左衛門(読み)くろうざえもん

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「九郎左衛門」の解説

くろうざえもん【九郎左衛門】

山形の日本酒。酒名は、代々当主が襲名してきた由緒ある名前。純米大吟醸酒「美禄延寿」「生原酒」「参年熟成」をそろえる。平成15、19、21、22、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦出羽燦々美山錦などを使い分ける。仕込み水は吾妻山系の伏流水。ほかに「雅山流」「裏雅山流」「泉氷鑑」「真泉氷鑑」などのシリーズがある。蔵元の「新藤酒造店」は明治3年(1870)創業。所在地は米沢市大字竹井。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス「九郎左衛門」の解説

九郎左衛門(くろうざえもん)

山形県、有限会社新藤酒造店の製造する日本酒。純米大吟醸酒の「美禄延寿(みろくえんじゅ)」、「生原酒」、「参年熟成」がある。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android