コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本新平 ねもと しんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本新平 ねもと-しんぺい

1840-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。万延元年江戸の薩摩(さつま)鹿児島藩邸にはいり,攘夷(じょうい)の先陣をねがったため,藩により幽閉される。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の挙兵に参加して各地を転戦。越前(えちぜん)で加賀金沢藩に降伏し,元治2年2月4日敦賀(つるが)で処刑された。26歳。名は義信。変名は岸新蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

根本新平の関連キーワードシュティフターアヘン戦争レールモントフ黒川良安オセアニア史(年表)ピーサレフスタスフォーレアメリカ合衆国史(年表)アヘン戦争