コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本新平 ねもと しんぺい

1件 の用語解説(根本新平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本新平 ねもと-しんぺい

1840-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。万延元年江戸の薩摩(さつま)鹿児島藩邸にはいり,攘夷(じょうい)の先陣をねがったため,藩により幽閉される。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の挙兵に参加して各地を転戦。越前(えちぜん)で加賀金沢藩に降伏し,元治2年2月4日敦賀(つるが)で処刑された。26歳。名は義信。変名は岸新蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

根本新平の関連キーワード浅井常次郎梅沢武平岡田新太郎左座謙三郎世木騎六林忠左衛門増田仁右衛門村上倫村島万次郎村田忠三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone