コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本義知 ねもと よしとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本義知 ねもと-よしとも

1803-1822 江戸時代後期の武士。
享和3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩の付家老中山信敬(のぶたか)の3男信共の付け人。中山家の執事落合正進,島村昌邦が信共の兄で当主の信情の継嗣を他家からむかえようとしたため,文政5年10月28日ふたりを襲撃,殺傷ののち自刃(じじん)した。20歳。本姓は渡辺。字(あざな)は子哲。通称は久二八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

根本義知の関連キーワード宇田川榕菴若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道ニューフランスヘルウェティア共和国ホプキンズ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android