コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格体全録 かくたいぜんろくGé tǐ quán lù

世界大百科事典 第2版の解説

かくたいぜんろく【格体全録 Gé tǐ quán lù】

清朝の康熙帝の晩年,1720年(康熙59)ころフランス人イエズス会士パランナンD.Parennin(漢名,巴多明)が勅命を受けて満州語に訳出したヨーロッパ解剖学の書。フランス人外科学者P.ディオニスの書物に基づき,さらにデンマークの解剖学者トーマス・バルトリンの解剖書の図をとり入れた。康熙帝ははじめ中国医学の発達に役立つとして翻訳を命じたが,後に解剖書のようなものは風教をそこなうと考え,満州語訳にとどめ,漢訳を断念した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

格体全録の関連キーワードサルデーニャ王国サルジニア王国ダンジョーディーンツェンホーファーハイデルベルクバロック音楽江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志王鳴盛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android