格体全録(読み)かくたいぜんろく(英語表記)Gé tǐ quán lù

世界大百科事典 第2版の解説

かくたいぜんろく【格体全録 Gé tǐ quán lù】

清朝の康熙帝の晩年,1720年(康熙59)ころフランス人イエズス会士パランナンD.Parennin(漢名,巴多明)が勅命を受けて満州語に訳出したヨーロッパ解剖学の書。フランス人外科学者P.ディオニスの書物に基づき,さらにデンマークの解剖学者トーマス・バルトリンの解剖書の図をとり入れた。康熙帝ははじめ中国医学の発達に役立つとして翻訳を命じたが,後に解剖書のようなものは風教をそこなうと考え,満州語訳にとどめ,漢訳を断念した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android