コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格体全録 かくたいぜんろく Gé tǐ quán lù

1件 の用語解説(格体全録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かくたいぜんろく【格体全録 Gé tǐ quán lù】

清朝の康熙帝の晩年,1720年(康熙59)ころフランス人イエズス会士パランナンD.Parennin(漢名,巴多明)が勅命を受けて満州語に訳出したヨーロッパ解剖学の書。フランス人外科学者P.ディオニスの書物に基づき,さらにデンマークの解剖学者トーマスバルトリンの解剖書の図をとり入れた。康熙帝ははじめ中国医学の発達に役立つとして翻訳を命じたが,後に解剖書のようなものは風教をそこなうと考え,満州語訳にとどめ,漢訳を断念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

格体全録の関連キーワード皇輿全覧図全唐詩聖祖喀爾喀ガルダン欠画康熙康熙字典康熙帝明-清朝の皇帝陵墓群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone