格子比熱(読み)こうしひねつ(英語表記)lattice specific heat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

格子比熱
こうしひねつ
lattice specific heat

結晶中の原子の振動による比熱。通常の温度では物質の比熱の大部分を占める。アインシュタインの比熱式およびそれを改良したデバイの比熱式で説明される。高温ではデュロン=プチの法則に従い,低温では温度の3乗に比例する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の格子比熱の言及

【アインシュタインの比熱式】より

…固体の格子比熱と温度との関係を与える式。A.アインシュタインによって1907年に導かれた。…

※「格子比熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android