コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文枝(2代) かつら ぶんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文枝(2代) かつら-ぶんし

1844-1916 明治時代の落語家。
弘化(こうか)元年生まれ。3代立川三玉斎の門下となり,明治5年初代文枝の門にうつり,文三(ぶんざ)を名のる。14年2代文枝を襲名。のち桂小文枝に3代目をゆずり,名も文左衛門とあらためた。明治の上方落語を代表し,「市助酒」などを得意とした。大正5年5月16日死去。73歳。紀伊(きい)粉川(和歌山県)出身。本名は渡辺儀助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂文枝(2代)の関連キーワード明治時代落語家弘化

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android