コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂英澄 かつら ひでずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂英澄 かつら-ひでずみ

1918-2001 昭和後期-平成時代の小説家。
大正7年6月26日生まれ。京都帝大在学中から太宰治(だざい-おさむ)に師事。戦後療養生活をおくり,のち同人誌「立像」「現代人」にくわわる。昭和46年「早稲田文学」に「寂光」を連載,直木賞候補となった。平成13年1月28日死去。82歳。東京出身。作品はほかに「古都の女」「万骨の野」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂英澄の関連キーワード桂弁三

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android