コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃ケ谷国仲 ももがや くになか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃ケ谷国仲 ももがや-くになか

1548-1611 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)17年生まれ。伊賀(いが)(三重県)上野城主筒井定次の家臣で,名張城代。慶長13年定次が不行跡のかどで改易(かいえき)になると,奸臣(かんしん)として藤堂高虎にあずけられ,上野城内に幽閉された。改易は定次がキリシタンだったためともいう。慶長16年6月死去。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桃ケ谷国仲の関連キーワード天文学史(年表)アグリコラジグムント2世アウグストフランス演劇一条内基ビクトリアビクトリアハルス(Frans Hals)慶長の大地震由良国繁

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone