コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐原葆見 きりはら しげみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐原葆見 きりはら-しげみ

1892-1968 大正-昭和時代の心理学者。
明治25年11月10日生まれ。大正10年倉敷労働科学研究所(現日本労働科学研究所)にはいり,昭和26年所長。36年日本女子大教授。月経と作業能力の関連を研究し,桐原ダウニー式性格検査法を開発するなど,産業心理学の分野の開拓につくした。昭和43年5月2日死去。75歳。広島県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桐原葆見の言及

【暉峻義等】より

…19年大阪に大原社会問題研究所が創立され,入所したが,実験施設を欠いていたため,東京において《日本社会衛生年鑑》の資料収集や八王子の機業女子労働の調査に従事した。20年,紡績労働者の健康と生産能率の研究を目的とした倉敷労働科学研究所が創設されると,その所長となり,石川知福,桐原葆見らとともに日本の労働実験医学の先駆的業績をつぎつぎと世に出した。人絹・スフ工業の勃興に伴う職業病防止研究の必要を主唱し,29年産業衛生協議会を創始し理事長となる。…

※「桐原葆見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

桐原葆見の関連キーワード昭和時代暉峻義等

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android