コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹紋十郎(2代) きりたけ もんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹紋十郎(2代) きりたけ-もんじゅうろう

1900-1970 大正-昭和時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣(つか)い。
明治33年11月20日生まれ。3代吉田文五郎に師事。2代吉田簑助(みのすけ)をへて,昭和2年2代紋十郎を襲名。戦後三和(みつわ)会をひきい,女方,立役(たちやく)の双方をこなし,文楽座の中心として活躍した。40年人間国宝。44年文化功労者。昭和45年8月21日死去。69歳。大阪出身。本名は磯川佐吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桐竹紋十郎(2代)の関連キーワード人形浄瑠璃昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android