桑弧蓬矢(読み)ソウコホウシ

デジタル大辞泉の解説

そうこ‐ほうし〔サウコ‐〕【桑弧×蓬矢】

男子が生まれたとき、桑の木で作った弓と(よもぎ)の矢で天地四方を射て、将来の雄飛を祝ったという「礼記」射義にみえる中国古代の風習から》男子がを立てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうこほうし【桑弧蓬矢】

〔礼記 射義〕 桑の弓と蓬よもぎの矢。昔、中国で、男子が生まれたとき、これで四方を射て、将来の雄飛を祈った。
転じて、男子が志を立てること。桑蓬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうこ‐ほうし サウコ‥【桑弧蓬矢】

〘名〙 (桑(くわ)の木の弓と、蓬(よもぎ)の葉で作った矢)
① 昔、中国で男子が生まれたとき、これで四方を射て将来の雄飛を祝ったこと。桑蓬
明衡往来(11C中か)中本「右御産平安之由承悦侍。桑弧蓬矢有其験乎」 〔礼記‐射義〕
② 転じて、男子が志を立てること。桑蓬の志

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android