コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井一右衛門 さくらい かずえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井一右衛門 さくらい-かずえもん

1785-1856 江戸時代後期の公共事業家。
天明5年11月生まれ。対馬(つしま)(長崎県)下県郡(しもあがたぐん)府中の染工で,晩年は質商をいとなむ。大火があいついだため城下の要所に防火壁をつくり,また河川改修事業をおこなった。安政3年11月死去。72歳。名は顕之。通称は別に経助。号は市陽軒捕風,鶴尾軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井一右衛門の関連キーワードベルトレ川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android