コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井郁二郎 さくらい いくじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井郁二郎 さくらい-いくじろう

1852-1915 明治時代の産婦人科学者。
嘉永(かえい)5年9月6日生まれ。明治13年東京浅草に助産婦学校紅杏(こうきょう)塾をひらき,翌年東京大学助教授。19年桜井病院を設立。21年産科婦人科研究会を創設し,会長。助産婦育成と母性衛生の向上につとめた。大正4年2月10日死去。64歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。東京医学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井郁二郎の関連キーワード宇山道朔明治時代嘉永

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android