コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井鴎村 さくらい おうそん

2件 の用語解説(桜井鴎村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井鴎村 さくらい-おうそん

1872-1929 明治-昭和時代前期の翻訳家,児童文学者。
明治5年6月26日生まれ。桜井忠温(ただよし)の兄。明治32年女子教育視察のために渡米。帰国後,津田梅子とともに女子英学塾(現津田塾大)を設立。また英米の少年冒険小説を多数翻訳し,評論家としても活躍した。のち北樺太(からふと)石油会社取締役。昭和4年2月27日死去。58歳。愛媛県出身。明治学院卒。本名は彦一郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜井鴎村
さくらいおうそん
(1872―1929)

翻訳家、児童読み物作家、教育家。本名彦一郎。愛媛県松山市生まれる。明治学院を卒業し、津田英学塾などの教師を務めるかたわら、『女学雑誌』や『英文新誌』などの編集に携わる。明治30年代、英米の少年冒険小説を多数翻訳し、押川春浪(おしかわしゅんろう)と並んで有名であった。『漂流少年』『航海少年』などを含む叢書(そうしょ)『世界冒険譚(たん)』12冊(1900~1902)が著名。評論・研究的な著書に『現代をんな気質(かたぎ)』『英詩評釈』などがある。なお、日露戦争時の戦争文学『肉弾』で知られる桜井忠温(ただよし)(1879―1965)は実弟である。[上笙一郎]
『『日本児童文学大系2 桜井鴎村他集』(1977・ほるぷ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜井鴎村の関連キーワード池内広正池田竜一伊藤由太郎植場平佐伯芳馬竹内類治築田多吉西田敬止二条正麿森永助

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone