コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田梅子 つだうめこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田梅子
つだうめこ

[生]元治1(1864).12.3. 江戸
[没]1929.8.16. 神奈川,鎌倉
津田塾大学の創立者。女子教育,特に女子の英語教育の指導者。津田うめともいう。佐倉藩士津田仙二女。8歳で女子留学生として渡米。 1882年帰国,のち華族女学校教授となったが,1889年再度渡米し,生物学教育学などを学び,1892年帰国。引き続き華族女学校教授を務め,1898年から女子高等師範学校教授を兼任。 1900年職を辞し,みずから英語を通じて女子の国際的知見を広め,英語教員を養成することを目的として東京麹町に女子英学塾を創設した。かたわら,1901年英文新誌社を設立,英語教科書,英文学書の出版を行なった。この英学塾は中流以上の女子の近代的教養の啓発と英語教育に貢献し,津田英学塾へと発展,1948年津田塾大学となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つだ‐うめこ【津田梅子】

[1864~1929]教育家。江戸の生まれ。日本最初の女子留学生として、満7歳で岩倉具視遣外使節に同行して渡米。帰国後、華族女学校・女子高等師範学校教授。明治33年(1900)女子英学塾(のちの津田塾大学)を創設し、女子高等教育に尽力。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

津田梅子【つだうめこ】

明治・大正期の女子教育家。津田仙の次女。江戸生れ。8歳のとき日本最初の女子留学生として米国に渡る。初・中等教育を終えて帰国,英語の教師となるが,1889年再び渡米し,生物学,教授法を学ぶ。
→関連項目岩倉使節団大山捨松

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田梅子 つだ-うめこ

1864-1929 明治-大正時代の教育者。
元治(げんじ)元年12月3日生まれ。津田仙の次女。明治4年8歳で開拓使派遣女子留学生のひとりとして渡米。6年受洗。15年帰国。華族女学校教授となり,のち女子高等師範教授も兼任。33年女子英学塾(現津田塾大)をひらき女子英語教育に貢献した。38年日本YWCA初代会長。昭和4年8月16日死去。66歳。江戸出身。初名はむめ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津田梅子

没年:昭和4.8.16(1929)
生年:元治1.12.3(1864.12.31)
女子英学塾(津田塾大学)創立者。幕末の農学者津田仙,初子夫妻の次女。東京出身。明治4(1871)年日本最初の女子留学生として岩倉遣外使節団と同じ船で渡米,船中で満7歳の誕生日を迎える。ジョージタウン(現ワシントンD.C.)のランマン家に約11年滞在,ピューリタンの気風の中で育ち受洗。文学,美術の薫陶を受ける。15年帰国。同時に留学した親友山川捨松,永井繁子が相次いで結婚するなか,愛なき結婚を拒み,女性の教育を天職と決め,約3年間の待機の末,18年華族女学校創立と同時に伊藤博文の推薦で英語担当教授となる。22年より3年間米国ブリンマー大学に留学,生物学を修める。31年アメリカ経由で渡英,女子の高等教育機関を視察,オックスフォード大学で英文学,倫理学などを受講。33年華族女学校を辞任,良妻賢母が標榜されるなか「知性と性格の力を備え,自分で思考できる女性」を育てる目的を掲げ,女子英学塾を開校。英語教本,教材の出版のほか,アメリカの新聞に日本の女性と教育を論じた記事を多数寄稿。また都合5回の米・英滞在を通じ国際交流に貢献した。武士の娘の誇りとキリスト教の奉仕の精神を終生持ち続け,自らの経験を生かし日本女性の知的解放に尽くした。<参考文献>古木宜志子他編《The Writings of Umeko Tsuda》(改訂版),吉川利一『津田梅子伝』,山崎孝子『津田梅子』,Furuki 《The White Plum: A Biography of Ume Tsuda》,古木宜志子『人と思想・津田梅子』

(古木宜志子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

津田梅子

1864〜1929(元治元年〜昭和4年)【教育家】明治政府が派遣した最初の女子留学生。 教育で女性の地位向上を目指した。明治・大正期の教育家。江戸牛込生れ。1871年(明治4)8歳にして岩倉使節団に同行して渡米。82年帰国。日本語を忘れ、日本の生活・文化への適応に苦労した。85年から華族女学校で教鞭をとるが、男尊女卑の日本に新しい女子教育の必要性を感じて89年再渡米。ブリンマー大学の選科生となる。1892年帰国すると、自ら寄付金を集めて1900年女子英学塾(現、津田塾大学)を東京麹町に設立した。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つだうめこ【津田梅子】

1864‐1929(元治1‐昭和4)
津田塾大学の前身,女子英学塾の創設者で,明治初期の西洋農学者津田仙の次女。江戸牛込に生まれ,1871年(明治4)8歳のとき,開拓使海外留学生として4人の少女とともにアメリカに留学,ワシントン郊外のアメリカ人家庭に居住し初等・中等の学校教育をおえた。この間キリスト教に入信,82年に帰国し,華族女学校発足と同時に教授補として英語を教えた。89年ふたたび渡米し,ブリンマー・カレッジで生物学,オスウィーゴ師範学校で教授法を学び92年に帰朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つだうめこ【津田梅子】

1864~1929) 女子教育家。江戸生まれ。津田仙の二女。岩倉具視遣外使節に八歳で同行し渡米留学。1900年(明治33)女子英学塾(のちの津田塾大学)を設立、女子高等教育に尽くした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田梅子
つだうめこ
(1864―1929)

女子教育者、津田塾大学の創立者。元治(げんじ)元年12月3日幕臣・西洋農学者津田仙の次女として生まれる。名はむめ、1900年(明治33)梅子と改名。1871年(明治4)7歳のとき岩倉大使の一行に加わり初の女子留学生としてアメリカに留学し、18歳で帰国。華族女学校教授となり、のちに女子高等師範学校(現、お茶の水女子大学)教授を兼ねる。1900年辞職して、英語教育とキリスト教による人格教育を中心とした高等普通教育を目的に女子英学塾(津田英学塾、津田塾大学)を創立、没年まで塾長として多くの人材と優れた女子教員を育成。万国婦人連合大会(1898年、アメリカ・コロラド州デンバー)に日本婦人代表として出席している。昭和4年8月16日没。[小股憲明]
『吉川利一著『津田梅子』(1930・婦女新聞社/中公文庫) ▽山崎孝子著『津田梅子』(1962・吉川弘文館) ▽大庭みな子著『津田梅子』(朝日文芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の津田梅子の言及

【岩倉使節団】より

…1871‐73年(明治4‐6),特命全権大使岩倉具視を中心とした米欧回覧の使節団。その目的は,(1)幕末に条約を結んだ国への新政府による国書の奉呈,(2)上記条約改正への予備交渉,(3)米欧各国の近代的制度・文物の調査・研究であったが,(2)の問題では成功せず,もっぱら(1)と(3)を主として遂行した。使節団の首脳は,右大臣岩倉(公卿,47歳――出発当時の数え年,以下同)のほか副使に参議木戸孝允(山口,39歳),大蔵卿大久保利通(鹿児島,42歳),工部大輔伊藤博文(山口,31歳),外務少輔山口尚芳(なおよし)(佐賀,33歳)がなり,各省派遣の専門官である理事官や書記官など総勢50名に近い大使節団であった。…

【津田塾大学】より

…伝統的に少人数教育を基本にし,キリスト教精神による人格教育と高度の英語,英文学の教育を特色としてきた。1900年津田梅子によって東京麴町に創設された女子英学塾が前身で,04年専門学校に昇格,31年現在地に移ったが,43年には理科を増設し,校名を津田塾専門学校と改めた。48年新制大学に移行し津田塾大学として新発足,63年には大学院を設置し,現在,英文学科,数学科,国際関係学科からなる学芸学部をおいている。…

※「津田梅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津田梅子の関連キーワードSeven Sistersブリンマー・カレッジ東京都小平市津田町山室 機恵子大庭みな子3月29日三谷 民子大山 捨松瓜生 繁子桜井 鷗村瓜生繁子大正時代ケプロン磯村春子桜井鴎村吉益亮子星野あい岡見京子河井道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津田梅子の関連情報