コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜内幸雄 さくらうち ゆきお

1件 の用語解説(桜内幸雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜内幸雄 さくらうち-ゆきお

1880-1947 大正-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治13年8月14日生まれ。桜内義雄の父。日本電灯取締役,揖斐川(いびがわ)電気社長などをへて,大正9年衆議院議員(当選8回)。立憲民政党初代幹事長,第2次若槻(わかつき)内閣商工相,平沼内閣農相,米内(よない)内閣蔵相などをつとめた。昭和22年10月9日死去。68歳。島根県出身。東京専門学校(現早大)中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜内幸雄の関連キーワード紙幣整理オランダ文学ブラウン教科書国会2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone