コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨宮敬次郎 あめみやけいじろう

7件 の用語解説(雨宮敬次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨宮敬次郎
あめみやけいじろう

[生]弘化3(1846).9.11. 山梨
[没]1911. 東京
明治期の実業家。甲州の農家に生れ,少年時代から近郷の諸産物を行商し,商才を発揮する。明治維新後,新開の横浜港に出て生糸や蚕種の大胆な投機でその名を知られる。 1877年蚕種の輪出促進のためイタリアに渡航,帰国後製粉事業を興して成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雨宮敬次郎【あめのみやけいじろう】

実業家。雨敬と俗称。甲斐の人。甲州物産の江戸行商をした後,横浜で蚕種・生糸投機,銀相場に手を染めた。1880年東京深川に製粉工場を設立し,軍需用堅パンビスケットを製造して成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雨宮敬次郎 あめみや-けいじろう

1846-1911 明治時代の実業家。
弘化(こうか)3年9月5日生まれ。生家は甲斐(かい)(山梨県)の名主。明治5年横浜にいき洋銀相場,生糸取り引きの仕事に従事。12年東京深川に製粉工場を設立し成功。軽井沢の土地開墾,岩手県仙人鉄山,甲武鉄道(現JR中央線の一部),東京市街鉄道などの経営にあたった。甲州財閥のひとりで,雨敬とよばれた。明治44年1月20日死去。66歳。
【格言など】快楽は求むべきものではなく,自然に来るのを待つべきものである。しかもそれは働いて待つべきものである

雨宮敬次郎 あめのみや-けいじろう

あめみや-けいじろう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

雨宮敬次郎

没年:明治44.1.20(1911)
生年:弘化3.9.5(1846.10.24)
明治時代の実業家。相場,貿易で浮沈をくり返すが,鉄道,水力発電などの先駆的な事業を経営,甲州財閥の一翼をになった。俗称雨敬。甲斐国東山梨郡(山梨県)生まれ。生家は代々の名主。若くして商業を志し,郷里で生糸種紙などの仲買をはじめ,明治5(1872)年横浜に出て両替・洋銀相場の仕事についた。翌年結婚して生糸などの売込業を営んだが,同9年政府が蚕卵紙をイタリアに輸出することを知り,数十万枚の蚕卵紙を買収して転売を目的にイタリアに渡った。目論見が外れて翌年無一文で帰国したが,この欧米体験が転機となり,同12年小麦の製粉機械を購入して東京府下に製粉所を建設。巨万の富を築いて軽井沢の原野を開墾し,雨宮新田という村落を作り,山梨県桂川の水力発電,甲武鉄道,川越鉄道の経営に乗り出したが,同28年東京市水道鉄管事件に連座して入獄した。出獄後は,東京市街鉄道を計画して3銭均一の電車料金を実現し,甲武鉄道(のちの中央線・御茶水―八王子間)の敷設などに尽力した。<参考文献>桜井幸雄編『過去六十年事蹟(伝記・雨宮敬次郎)』

(関井光男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あめみやけいじろう【雨宮敬次郎】

1846~1911) 実業家。甲斐かいの人。生糸の投機取引・株式投資などで富を蓄積し甲州財閥の一角を形成。死後、傘下の会社は離散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨宮敬次郎
あめみやけいじろう
(1846―1911)

実業家。「天下の雨敬」「投機界の魔王」などといわれた。甲斐国(かいのくに)(山梨県)東山梨郡の名主の次男として生まれる。14歳ごろから農業のほかに生糸などの行商を始め、やがて行商のほうを専業とするようになった。1870年(明治3)開港場の横浜へ移住、洋銀相場や輸出用生糸などの投機取引に成功、失敗を繰り返して、大胆な相場師として知られるようになった。1884年病気を契機に相場取引から手を引き、東京へ転住。その後、新たに「安全かつ有利」な蓄財手段として鉄道事業を中心とする株式投資を活発に行うとともに、多数の企業の経営に大株主重役として関与し、「甲州財閥」を代表する企業家の一人となった。晩年には国益的観点から製鉄業の育成にも関心を向けた。だが、多年の「金儲(かねもう)け」至上主義のため、彼の死去とともに傘下企業は離散した。[四宮俊之]
『小泉剛著『甲州財閥』(1975・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雨宮敬次郎の言及

【疑獄】より

…〈疑獄〉という言葉は,元来入獄させるか否かが明確でなく,犯罪事実があいまいな事件を意味する。この種の事件は多かれ少なかれ政・官・財界に波及するため,現在では政治問題化した利権関係事件の総称となっている。政治問題として社会的に大きく取りあげられ,ジャーナリズムによる声高な批判を代償として,刑事事件としては訴追されることがきわめて少ないのが疑獄事件の特徴といってよい。 明治初期においては,山県有朋が関与したといわれる山城屋事件など,藩閥政府と政商とが特権の供与をめぐって直接結びついたケースがあり,多くは表沙汰にならなかった。…

【甲州財閥】より

…明治から昭和の初めにかけて財界に一大勢力を占めた山梨県出身の資本家群に対する俗称。若尾逸平,雨宮敬次郎,根津嘉一郎などがその代表で,郷党意識で結ばれていたことから世人は甲州財閥と呼んだ。財閥本来の意味からいう財閥ではない。…

※「雨宮敬次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雨宮敬次郎の関連キーワード今井清次郎河本磯平近藤信男田村利七那須善右衛門西川甫野村治三郎曲田成村上作夫山田〓(“禾へん”に「曳」)養

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone