コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜蘭 さくららん

大辞林 第三版の解説

さくららん【桜蘭】

ガガイモ科の常緑つる性小低木。亜熱帯に多く、観賞用に栽培する。葉は質厚く光沢がある。初夏、腋生えきせいの短い花柄上に白色ないし微紅色の小花を多数半球状につけ、芳香を放つ。斑入り葉の品種もある。ホヤ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桜蘭 (サクララン)

学名:Hoya carnosa
植物。ガガイモ科のつる性多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

桜蘭の関連キーワードFRiDAYスヴェン・A. ヘディンいくつになっても中央アジア美術NICOLA石井萌々果成田紗矢香サクララン広村美つ美阪田佳代恩田乃愛山田みほ清野菜名藤野泰子財前直見和希優美難波拓也秋野好美中村昌也川口春奈

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android