桟敷尼(読み)さじきのあま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桟敷尼 さじきのあま

1187-1274 鎌倉時代の尼僧。
文治(ぶんじ)3年生まれ。かつて源頼朝が桟敷をつくって由比ケ浜を遠望したという鎌倉大町にすむ。日蓮(にちれん)が竜口法難で護送されたとき,ぼたもちをたべさせた。江戸時代初期同地に常栄寺がたてられ,ぼたもち寺とよばれるようになった。妙一尼と同一人ともいわれる。文永11年11月12日死去。88歳。法名は妙常日栄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android