コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桟敷尼 さじきのあま

1件 の用語解説(桟敷尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桟敷尼 さじきのあま

1187-1274 鎌倉時代の尼僧。
文治(ぶんじ)3年生まれ。かつて源頼朝が桟敷をつくって由比ケ浜を遠望したという鎌倉大町にすむ。日蓮(にちれん)が竜口の法難で護送されたとき,ぼたもちをたべさせた。江戸時代初期同地に常栄寺がたてられ,ぼたもち寺とよばれるようになった。妙一尼と同一人ともいわれる。文永11年11月12日死去。88歳。法名は妙常日栄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桟敷尼の関連キーワード藤原家通宗助国宗助国宗助国元寇日赤の戦時救護班日赤の救護班阿弥陀寺記録所高宗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桟敷尼の関連情報