コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桟敷尼 さじきのあま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桟敷尼 さじきのあま

1187-1274 鎌倉時代の尼僧。
文治(ぶんじ)3年生まれ。かつて源頼朝が桟敷をつくって由比ケ浜を遠望したという鎌倉大町にすむ。日蓮(にちれん)が竜口法難で護送されたとき,ぼたもちをたべさせた。江戸時代初期同地に常栄寺がたてられ,ぼたもち寺とよばれるようになった。妙一尼と同一人ともいわれる。文永11年11月12日死去。88歳。法名は妙常日栄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桟敷尼の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android