コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒細胞 ボウサイボウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棒細胞
ぼうさいぼう

脊椎(せきつい)動物の目の網膜を構成する視細胞の一種。桿体(かんたい)細胞ともいう。視細胞は縦方向に形態的、機能的に分化し、外節、内節、核、シナプスの各部分からなる。棒細胞では外節が棒状で、この部分を棒状体、桿状体、桿体、円柱体などいろいろな名でよぶ。円錐(えんすい)状または錐状の外節をもつ視細胞を錐体細胞、円錐細胞という。棒状体には、視物質のロドプシン(視紅)があり、光受容機能をもつ。棒細胞は、薄明視および明暗視に役だち、錐体細胞は昼間視、色感覚の役割をもつ。コウモリ、ネズミ、フクロウなどの夜行動物や深海魚の網膜は、ほとんどまたはすべての視細胞が棒細胞である。昼行動物の網膜は、ほとんどまたはすべてが錐体細胞でできている。[高橋純夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

棒細胞の関連キーワード桿状体・杆状体ロドプシン円錐細胞錐体細胞桿状体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android