コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅本育子 うめもと いくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅本育子 うめもと-いくこ

1930- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和5年2月6日生まれ。20代は詩をかく。のち丹羽文雄主宰の「文学者」に参加,昭和44年から同誌に吉田絃二郎晩年をえがく「時雨(しぐれ)のあと」を連載し,注目される。東京出身。昭和女子大付属高女中退。本名は矢萩郁子。作品はほかに時代小説「川越夜舟」,詩集「火の匂」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梅本育子の関連キーワード小説家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android