コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅村重操 うめむら しげもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅村重操 うめむら-しげもち

1818-1896 幕末-明治時代の和算家,武士。
文政元年11月10日生まれ。梅村重得(しげよし)の弟。陸奥(むつ)盛岡藩士。兄にまなぶ。おしえた子弟は数百人にのぼったという。勘定方,蔵奉行などをつとめた。明治29年12月31日死去。79歳。通称は忠左衛門,三左衛門。号は算吾。著作に「六斜五円適等集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅村重操の関連キーワード明治時代和算家

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android