コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅村重得 うめむら しげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅村重得 うめむら-しげよし

1804-1884 江戸後期-明治時代の和算家,武士。
文化元年6月3日生まれ。梅村重操(しげもち)の兄。陸奥(むつ)盛岡藩士。はじめ藩の志賀吉倫,のち江戸で藤田嘉言(よしとき)・貞升親子にまなぶ。さらに長谷川弘に入門した。代官,物頭をつとめた。明治17年2月10日死去。81歳。通称は徳兵衛。著作に「傍斜捷解」,編著に「算法側円真理」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅村重得の関連キーワード文化スベルドラップ(Johan Sverdrup)岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)奈破崙ケプロンハリス