勘定方(読み)カンジョウカタ

大辞林 第三版の解説

かんじょうかた【勘定方】

金銭出納をつかさどる役。会計係。
江戸時代、幕府の諸役にあって金銭の出納を担当する役。勝手かつて方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじょう‐かた カンヂャウ‥【勘定方】

〘名〙
① 江戸幕府、大名の諸役所で、財務関係の仕事にたずさわる役人。勝手方。
※科定類聚‐一(古事類苑・官位七二)「一 於京都御役所は、公事方、御勘定方〈略〉証文方、以上之五役を本役とす」
※御触書寛保集成‐一八・正保三年(1646)五月「一御奏者番并御勘定方四人之役人」
勘定奉行所で、勘定組頭など勘定関係にたずさわる役人。吟味方系統の役人に対する語。
※禁令考‐前集・第二・巻一五・明和四年(1767)九月「吟味方改役、同並え御勘定方より為見候に不及候」
④ 勘定関係の事務。財務。財政。勝手方。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘定方の関連情報