コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梟悪 キョウアク

デジタル大辞泉の解説

きょう‐あく〔ケウ‐〕【×梟悪】

性質が非常に悪くて、人の道に背くこと。また、その人。
「世已(すで)に澆季(ぎょうき)にして―のもの最も時を得たり」〈田口日本開化小史

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうあく【梟悪】

極悪なおこないをなすこと。また、そうする人。 「これも世、澆季ぎようきに及んで、人-をさきとする故なり/平家 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梟悪の関連キーワード性質澆漓澆季

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android