梟悪(読み)キョウアク

デジタル大辞泉の解説

きょう‐あく〔ケウ‐〕【×梟悪】

性質が非常に悪くて、人の道に背くこと。また、その人。
「世已(すで)に澆季(ぎょうき)にして―のもの最も時を得たり」〈田口日本開化小史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうあく【梟悪】

極悪なおこないをなすこと。また、そうする人。 「これも世、澆季ぎようきに及んで、人-をさきとする故なり/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐あく ケウ‥【梟悪】

〘名〙 (「」はフクロウ。不孝の鳥であり悪鳥とされるところから) 人道にそむいた極悪な行ないをすること。また、その人。悪逆。
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「於国底、彌施梟悪之政、曾無裁報之心

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android