コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原景紹 かじわら かげつぐ

1件 の用語解説(梶原景紹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原景紹 かじわら-かげつぐ

1807-1879 江戸後期-明治時代の歴史家。
文化4年生まれ。梶原藍渠(らんきょ)の子。讃岐(さぬき)高松藩の史局考信閣につとめ,父の編修した「歴朝要紀」を校訂する。また父の業をひきついで嘉永(かえい)6年(1853)「讃岐国名勝図会」を完成させた。明治12年10月26日死去。73歳。讃岐出身。通称は平四郎。号は藍水。著作に「藍水茶話」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梶原景紹の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記アメリカ美術織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone