梶原藍渠(読み)かじわら らんきょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原藍渠 かじわら-らんきょ

1763*-1834 江戸時代後期の歴史家。
宝暦12年12月15日生まれ。生家は讃岐(さぬき)(香川県)の豪商国史を研究し,史書稿本を高松藩主松平頼恕(よりひろ)に献上。これをもとに「歴朝要紀」150巻がまとめられた。また「讃岐国名勝図会」の編集も手がけた。天保(てんぽう)5年4月1日死去。73歳。名は景惇。字(あざな)は復初。通称は九郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android