コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶山鼎介 かじやま ていすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山鼎介 かじやま-ていすけ

1848-1933 幕末-明治時代の武士,政治家。
嘉永(かえい)元年10月20日生まれ。長門(ながと)(山口県)府中藩士。戊辰(ぼしん)戦争では報国隊軍監。欧米に留学後,陸軍参謀局などにつとめ明治18年中佐。その後内務省地理局長,朝鮮弁理公使などをへて,27年衆議院議員となった。昭和8年3月25日死去。86歳。初名は喜代三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梶山鼎介の関連キーワード一八四八年の革命斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイルーマニア文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android