梶野仁之助(読み)かじの・じんのすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

梶野仁之助

没年:昭和17.8.5(1942)
生年:安政3.3.25(1856.4.29)
明治期の自転車製造者。神奈川県津久井郡生まれ。8歳で父を失い醤油醸造業の丁稚見習,20歳ごろには横浜灯台局に勤務するなど辛酸をなめた。明治12(1879)年横浜市蓬莱町に自転車工場を設けて木製の前輪駆動の2輪車,3輪車の製造を始め,19年事業拡張のため同市高島町に工場を移転,のち現在の自転車と同型の安全型自転車を製造,電信用自転車納入(25年),第4回内国勧業博受賞(28年)など,わが国自転車草創期の先駆者の第一人者といえる。梶野の自転車工場は大正5(1916)年閉鎖,晩年は東京都大田区千鳥町に隠棲,同所で死去した。<参考文献>『横浜成功名誉鑑』

(佐野裕二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android