辛酸(読み)しんさん

精選版 日本国語大辞典 「辛酸」の意味・読み・例文・類語

しん‐さん【辛酸】

〘名〙 つらく苦しいこと。辛苦
菅家後集(903頃)詠楽天北窻三友詩「重関警固知聞断、単寝辛酸夢見稀」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉三「君は不幸にも豪家に生れて、いまだ辛酸(シンサン)の味をしりたまはず」 〔阮籍‐詠懐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「辛酸」の意味・読み・例文・類語

しん‐さん【辛酸】

つらい目や苦しい思い。
[類語]苦労骨折りろう労苦苦心腐心辛苦辛労心労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難ひと苦労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「辛酸」の読み・字形・画数・意味

【辛酸】しんさん

つらく苦しい。魏・杜摯〔丘儉に贈る〕詩 騏驥(きき)、馬試(もち)ひられず 婆娑(ばさ)たり、槽櫪(さうれき)(かいば桶)の 壯士、志未だ伸びず 坎軻(かんか)(行きなやむ、不遇)辛酸多し

字通「辛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android