辛酸(読み)しんさん

精選版 日本国語大辞典「辛酸」の解説

しん‐さん【辛酸】

〘名〙 つらく苦しいこと。辛苦
※菅家後集(903頃)詠楽天北窻三友詩「重関警固知聞断、単寝夢見稀」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉三「君は不幸にも豪家に生れて、いまだ辛酸(シンサン)の味をしりたまはず」 〔阮籍‐詠懐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「辛酸」の解説

【辛酸】しんさん

つらく苦しい。魏・杜摯〔丘儉に贈る〕詩 騏驥(きき)、馬試(もち)ひられず 婆娑(ばさ)たり、槽櫪(さうれき)(かいば桶)の 壯士、志未だ伸びず 坎軻(かんか)(行きなやむ、不遇)辛酸多し

字通「辛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android