棚倉破砕帯(読み)たなぐらはさいたい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棚倉破砕帯
たなぐらはさいたい

福島県東白川郡棚倉町付近を通り北北西に走る幅2~3キロメートル、延長60キロメートルの、著しく破砕された岩石が分布する地帯。棚倉構造線や棚倉断層とよばれることもある。この破砕帯の主要な部分は、左横ずれ断層運動によって新生代新第三紀より前に形成されたもので、花崗(かこう)岩などの一部はマイロナイト化している。新第三紀以降もこの破砕帯に沿って左横ずれ断層運動がおこり、横ずれ堆積(たいせき)盆が形成されている。なお、新第三紀より前においては、この破砕帯は、日本の地体構造区分における「東北日本」と「西南日本」を分かつ境界であったという見解が有力である。[伊藤谷生・村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の棚倉破砕帯の言及

【棚倉構造線】より

…阿武隈山地西縁,福島県棚倉町から南方の茨城県大子(だいご)町,大宮町にかけて,棚倉破砕帯とよばれる新第三紀層下部を切る断層帯がある。さらに,この断層帯は新第三紀より古い時代から活動したもので,新第三紀前の基盤を切る断層に対し棚倉構造線(帯)と名づけられた。…

※「棚倉破砕帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android