コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚倉構造線 たなくらこうぞうせん

百科事典マイペディアの解説

棚倉構造線【たなくらこうぞうせん】

棚倉破砕帯,棚倉断層とも。福島県棚倉町から茨城県常陸太田市にかけて北北西〜南南東へ約60kmのびる大規模な横ずれ断層。北方延長は山形県酒田市から日本海へぬけ,南方延長は鹿島灘から銚子沖へ続くと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たなくらこうぞうせん【棚倉構造線】

阿武隈山地西縁,福島県棚倉町から南方の茨城県大子(だいご)町,大宮町にかけて,棚倉破砕帯とよばれる新第三紀層下部を切る断層帯がある。さらに,この断層帯は新第三紀より古い時代から活動したもので,新第三紀前の基盤を切る断層に対し棚倉構造線(帯)と名づけられた。この構造線東方の阿武隈山地側には,竹貫変成岩御斎所変成岩,日立古生層,阿武隈花コウ岩が分布しているのに対して,西方の八溝(やみぞ)山地では,おもに三畳紀ジュラ紀のチャート相地向斜堆積層が分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報