棟方玄栄(読み)むねかた げんえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

棟方玄栄 むねかた-げんえい

1798-1862 江戸時代後期の医師。
寛政10年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩医棟方玄徳の養子。藩の医学館で渡辺道可にまなぶ。眼科をよくして医学館助教となり,のち長崎で西洋医学をまなび侍医にのぼった。文久2年11月7日死去。65歳。名は盛胤。号は奎堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android