コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医学館 いがくかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医学館
いがくかん

躋寿館 (せいじゅかん) 。江戸幕府奥医師多紀元孝が,医学の研究と教育のための設備の必要性を上申し,私費で開設する許しを求めたのに対し,幕府は明和2 (1765) 年に江戸神田佐久間町に広大な土地を与えた。元孝はそこに校舎を建て「躋寿館」と名づけた。設備としては,書庫,薬園,学舎を備え,本草経,素問,霊枢,難経,傷寒論,金匱要略の6部を連日輪講した。また,経絡,鍼灸,診法,薬物,医案,疑問の6条に分けて臨床講義を行い,総理,教授,薬園監,書記の職をおいた。火災にあったが再建。寛政3 (91) 年その子元徳の代,幕府は価値を認め,規模を拡大して官学とし,別称だった医学館を正式の名称とし,督事 (長) は多紀氏の世襲とした。明治維新と同時に廃止され,その建物は種痘館となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いがく‐かん〔‐クワン〕【医学館】

江戸幕府の漢方医学校。明和2年(1765)将軍家の奥医師多紀元孝(たきもとたか)が江戸神田佐久間町に設けた私塾を、寛政3年(1791)幕府の直轄にしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いがくかん【医学館】

江戸幕府の官医養成のための医学校。同様の名称は各藩にもみられる。前身は幕府奥医師多紀氏の私営になる躋寿館(せいじゆかん)で,1765年(明和2)5月多紀元孝が神田佐久間町の司天台(天文台)旧地に設置,数度罹災したが,多紀家代々の努力によって発展した。84年(天明4)には100日間医生を学舎に寄宿教育する百日教育の法という独特の法を実施,医案会,疑問会,薬品会等を行うなどして評判を高め,多くの医生を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いがくかん【医学館】

江戸幕府の漢方医学校。1765年に医師の多紀元孝が江戸神田佐久間町に設けた私学躋寿館せいじゆかんを前身とし、91年官立となり改称。官医の養成などを行なった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

医学館
いがくかん

江戸時代の漢方医学校。1765年(明和2)多紀元孝(たきもとたか)が、私財を投じて私学躋寿館(せいじゅかん)と称して発足、元孝は教育課程を創案して『医学館経営記』『百日教育記』にまとめ、子弟の育成にあたった。躋寿館は1772年(安永1)江戸の大火で類焼し、元孝の子元悳(げんとく)は1791年(寛政3)第11代将軍徳川家斉(いえなり)の援助を得て官立とし、名を医学館と改めた。以来その子元簡(もとやす)、元胤(もとたね)、元堅(もとかた)、元(もとあき)累代医学館督事として運営にあたり、考証学派としての医育事業と、『聖済総録(せいざいそうろく)』『千金方(せんきんほう)』『医心方(いしんほう)』などの復刻事業、また代々多くの著述を刊行し、日本漢方医学の学術書の集大成を行った。その成果は今日、中国においても高く評価されている。[矢数道明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の医学館の言及

【医学】より

…多紀家は,《医心方》の編者丹波康頼の子孫で,代々京都で医業をおこなってきたが,江戸幕府が開かれてから江戸に移住した。この塾は,1791年(寛政3)には幕府立となり,医学館と改称した。しかしその長は,やはり多紀家のものがあたった。…

※「医学館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

医学館の関連キーワード東京都台東区浅草橋河野通之(2)西洋医学所中根 半嶺小野寺丹元溝口半兵衛佐々城朴安今村了庵久坂玄機山内豊熙唐橋君山池田霧渓浅井紫山石坂空洞本間棗軒池田京水太田澄元玉井忠田松平近説溝口直養

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医学館の関連情報