コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森主税 もり ちから

2件 の用語解説(森主税の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森主税 もり-ちから

1836-1863* 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩の家老。用人村上真輔(しんすけ)とともに,守旧派の頭目として下級藩士にうらまれた。文久2年12月9日藩内尊攘(そんじょう)急進派の西川升吉(ますきち)らにおそわれ,殺された。27歳。名は可彜(よしつね)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森主税

没年:文久2.12.9(1863.1.28)
生年:天保7(1836)
幕末の赤穂藩家老。藩主森家の一門。安政4(1857)年城代家老となる。年22歳。藩政を担当したが,尊王攘夷論に傾斜を強めていた中下級士族の反感を買い,下城の途次襲われ殺害された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森主税の関連キーワード中根市之丞伊東禎蔵岸静江宍戸弥四郎土田衡平広瀬政敏御園紹元安田鉄吉和田小伝次綿貫次郎助

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone