コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森半蔵 もり はんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森半蔵 もり-はんぞう

1826-1861 幕末の武士。
文政9年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩の浪士。文久元年同志と江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス仮公使館をおそった。前木新八郎とともに水戸藩領の那珂郡(なかぐん)入本郷にかくれたが,同年8月26日自刃(じじん)。36歳。名は長昌。通称ははじめ多門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森半蔵の関連キーワード石井金四郎池田留吉有賀半弥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android