森半蔵(読み)もり はんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森半蔵 もり-はんぞう

1826-1861 幕末の武士。
文政9年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩浪士。文久元年同志と江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス仮公使館をおそった。前木新八郎とともに水戸藩領の那珂郡(なかぐん)入本郷にかくれたが,同年8月26日自刃(じじん)。36歳。名は長昌。通称ははじめ多門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android