コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森喜作 もり きさく

1件 の用語解説(森喜作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森喜作 もり-きさく

1908-1977 昭和時代のキノコ栽培研究者。
明治41年10月4日生まれ。昭和18年小木片に菌糸を培養した種駒(たねごま)によるシイタケ栽培法の特許をとる。郷里の群馬県桐生市に「きのこ会館」を建設し,栽培技術の開発・普及,消費拡大のため国際的に活躍した。昭和52年10月23日死去。69歳。京都帝大卒。著作に「椎茸健康法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森喜作の関連キーワード毒茸茸狩原木栽培大人のきのこの山かきのきむらきのこ組目黒たけのこシメジ木下繁キノコ栽培者肺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森喜作の関連情報