コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森喜作 もり きさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森喜作 もり-きさく

1908-1977 昭和時代のキノコ栽培研究者。
明治41年10月4日生まれ。昭和18年小木片に菌糸を培養した種駒(たねごま)によるシイタケ栽培法の特許をとる。郷里群馬県桐生市に「きのこ会館」を建設し,栽培技術の開発・普及,消費拡大のため国際的に活躍した。昭和52年10月23日死去。69歳。京都帝大卒。著作に「椎茸健康法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森喜作の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android