森寺常安(読み)もりでら つねやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森寺常安 もりでら-つねやす

1792*-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
寛政3年12月13日生まれ。三条家の諸大夫。因幡守(いなばのかみ)。安政5年(1858)条約勅許・将軍継嗣問題についての橋本左内の建言を三条実万(さねつむ)に斡旋(あっせん)。安政の大獄に連座して永押込めとなり,文久2年(1862)ゆるされた。明治元年9月22日死去。78歳。京都出身。字(あざな)は遜卿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android