コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森岡二朗 モリオカジロウ

2件 の用語解説(森岡二朗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もりおか‐じろう〔もりをかジラウ〕【森岡二朗】

[1886~1950]官僚。奈良の生まれ。東京帝大卒業後、内務省に入り、警保局長、台湾総督府総務長官などを歴任。昭和16年(1941)に日本野球連盟日本職業野球連盟から改称)の初代会長となり、戦時下のプロ野球存続に尽力した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森岡二朗 もりおか-じろう

1886-1950 大正-昭和時代前期の官僚。
明治19年5月1日生まれ。内務省にはいり島根,青森,茨城,栃木の各県知事,警保局長,台湾総督府総務長官などを歴任。昭和16年日本職業野球連盟の初代会長となり,戦時下でプロ野球の存続につとめた。44年野球殿堂入り。昭和25年12月20日死去。64歳。奈良県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森岡二朗の関連キーワードナンバースクール冤罪岩石区現代資本主義中南米映画東京大学海洋文学佐世保(市)札幌(市)農事試験場

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone