コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森村宜稲 もりむら ぎとう

美術人名辞典の解説

森村宜稲

日本画家。愛知県生。号は雲峰奥村石蘭・木村金秋らに大和絵を学び、人物・山水画を得意とする。また稲香画塾を設け後進の育成にあたる。文展帝展推薦。昭和13年(1938)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森村宜稲 もりむら-ぎとう

1872*-1938 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治4年12月26日生まれ。大和絵をまなぶ。日本美術協会などに出品し,大正元年文展に初入選,以後文展,帝展を中心に活躍した。明治神宮聖徳記念絵画館壁画「農民収穫御覧」を制作。昭和13年10月4日死去。68歳。愛知県出身。幼名は悌二。号は雲峰,稲香村舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森村宜稲の関連キーワード森村宜永服部有恒小寺稲泉林雲鳳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android