コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森村采園 もりむら さいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森村采園 もりむら-さいえん

1801-1873 江戸後期-明治時代の画家。
享和元年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。伊勢崎藩士の下山玄涼,江戸で岡田閑林にまなぶ。伊勢崎華蔵寺などに絵をのこした。明治6年3月28日死去。73歳。名は嘉教。通称は米治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森村采園の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)享和パーベル1世山東京伝光の科学史大不況鉄筋コンクリート構造辛酉教獄植崎九八郎

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android