コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林交付税 しんりんこうふぜい

1件 の用語解説(森林交付税の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

森林交付税【しんりんこうふぜい】

森林維持・保全のための新しい税制で,和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡本宮町の中山喜弘町長(当時)が提唱している。木材生産だけでなく,渇水や洪水の調節,土砂の流出防止,大気浄化,野生生物の保護,レクリエーションの機会創出など,多面的・公益的な機能がある森林は,農山村に限らず人間が生活するうえで不可欠なものであり,それらを維持する費用は国民全体が負担するべきだという主張にもとづく。
→関連項目森林水源の森林づくり事業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone