コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林理水 しんりんりすい water regulation by forest

1件 の用語解説(森林理水の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんりすい【森林理水 water regulation by forest】

森林の働きによって,降雨を山地にたくわえて洪水を抑制したり,反対に無降雨が続いたときに徐々にたくわえを放出し,河川の流量の変化を少なくすること。また,森林のもつこうした流量調節の働きを森林の理水機能という。森林が山地からの水の流出を調節するしくみには,樹冠の降雨遮断,地面蒸発抑制,落葉落枝の地表流下抑制なども関係するが,最も大きな要因は,森林土壌団粒構造がもつ孔隙(こうげき)が,浸透能,保水能を強化することと,林木の生理的な水消費にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森林理水の関連キーワード易往銜え銜え込む銜えタバコ私蓄蓄ふ蓄え群肝の森林計画面積

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone