森沢信夫(読み)もりさわ のぶお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森沢信夫 もりさわ-のぶお

1901-2000 大正-平成時代の印刷技術者。
明治34年3月23日生まれ。大正12年星製薬にはいる。14年石井茂吉(もきち)とともに邦文写真植字機を試作し,昭和4年実用機第1号を完成した。21年写真植字機製作所(現モリサワ)を設立。平成12年4月27日死去。99歳。兵庫県出身。著作に「写真植字機と共に三十八年」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森沢信夫の言及

【写真植字機】より

…日本文の写真植字機は世界でもっとも早く実用化された。1924年石井茂吉と森沢信夫とが協力して研究し,29年ころ実用機5台を東京の印刷工場で試用してからしだいに改良が加えられ,その有用性が認められた。 写真植字機は,光源,文字盤,レンズ系,暗箱,送り装置などから成る。…

※「森沢信夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android